スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

VANILLAさん

 2010-12-19
作家さんにいろいろお話を伺って、ブログで紹介させていただこう!
という、この企画。
今回は、先日の品川てづくり市に出店されていたVANILLAさんの登場です。

VANILLAさんは、木綿や麻素材で
手づくりの服や雑貨を制作されている作家さんです。

VANILLAさん・1

つくるのは、シンプルでちょっとかわいいもの。
丁寧に、愛情を込めて、1つ1つの作品をつくっていらっしゃいます。
やさしい感じの、ステキな服がいつも並んでいるのです。

VANILLAさん・2

服の横に、がま口たちも並んでいるのがわかりますでしょうか。
当店で取り扱わせていただいている青色のほかにも、いろいろな色があります。
今回は時期的に、あたたかい感じのする色が多かったみたいです。

さて、VANILLAさん。
前から伺いたかったことの1つに、名前の由来がありました。

「アイスクリームのバニラのように『定番』という意味があります。」

定番で、シンプルだけど、やっぱり好き! というか。
いろんな味のアイスクリームを食べちゃうけど、
やっぱり最後は定番のバニラ味に戻ってくる、みたいな。
そんなイメージなんだそうです。

「アイスクリームのバニラ」っていうのが絶妙な表現で。
なんだか、すごく納得です。

VANILLAさんが服飾関係の学校に通っている際、
ブランドイメージの構築の授業というのがあって、
そのときから決めていたそうです。

…ちょっと尊敬です。(←自分と比較して、勝手に反省してしまったw。)

VANILLAさんの作品は、その素材感がステキなものが多いなと思っていたので、
生地や素材から思い描いて作品を制作するのか、
それとも作品のイメージから生地や素材を探すのか、どちらですか?
と、伺ってみました。

お答えは、両方ある、とのことでした。

例えば、こちらのバッグ ↓ 。

VANILLAさん・3

生地を見つけて、こういうバッグにしようと思ってつくられたそうです。
ちょこんと付けられた松ぼっくりや、ディスプレイともよく合って、
とてもステキです。

VANILLAさんがつくられる雑貨には、がま口が多いような気がします。

「がま口は、つくるのが楽しくて。」

がま口は、形になったときに思いがけずふっくらしたりするのだそうです。
1個つくったら色や大きさを変えて…と広がっていくんだそう。

ちなみに、がま口にワンポイントとしてついているリボンの刺繍。
もともとリボンのモチーフがお好きで、ブランドイメージとも合うので
ワンポイントとしてつけるようになったそうです。
洋服に値段などを表記するためにつけているブランドタグにも、
手づくりの消しゴムはんこでリボンモチーフをつけているとのこと。

この、ブランドタグには手書きでお値段が書かれているのですが、
そのVANILLAさん手書きの文字が、実にかわいらしいのですよ!
VANILLAさんご自身も、手書きの文字も、ステキで、かわいらしくて。
こういう作家さんだからこそ、こういう作品ができるんだなぁと
いつも惚れ惚れしてしまいます。

こういう人になりたかった…(しみじみ)。

最後に、思い切って、今後のことについて伺ってみました。

現在、VANILLAさんはご主人と縫製工場を営んでいらっしゃるのですが、
将来は自分たちのお店を持ちたいね、とお2人でお話しされているのだとか。
お2人がつくった洋服をお店に並べるだけでなく、
セミオーダーを受け付けられるようにしたり、
ちょっとした教室なんかも開いたりして…と夢は膨らんでいるそう。

きっとステキなお店になるんだろうなぁ…
と、ファンの1人としては、今から楽しみです。
ご主人との作風の違いなんかも見てみたい! とか、
いろいろ想像してしまいます。

「VANILLAさんのお店がオープンしました!」

と、こちらのブログでもご紹介できる日が来ることを願って、
楽しみにしていきたいと思います。

そして、大事なお知らせです。
VANILLAさんから新しく、がま口を2点ご提供いただきました。
がまぐち(中)」と「がまぐち(小)」です。
どちらもステキなんですよ。ぜひご覧ください。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wisteriastorehouse.blog129.fc2.com/tb.php/98-fe792585
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。