スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

酉の市に行ってきました

 2010-11-08
11月といえば、酉の市。
ということで、東京・目黒の大鳥神社の酉の市に行ってきました。

目黒の大鳥神社は、昔から酉の市で有名なところです。
東京で最も有名な酉の市といえば浅草になるのでしょうが、
この大鳥神社の酉の市も、浅草と同じく、江戸時代から続いているのだそうです。

そして、大鳥神社は、私にとっては昔からなじみのある神社。
あまり覚えていませんが、子供の頃、近くに住んでいたようです。
七五三のお参りも、こちらでやったんだとか。

今年、再び近くに引っ越してきました。
そして、今年は商売を始めた年でもある。
…こりゃ、酉の市に行かなくては! と。

さて、初めての酉の市。
あまり大きくない神社ですが、境内は縁起熊手の屋台が並び、
たくさんの参拝客で賑わっていました。
威勢の良いかけ声や、三三七拍子も聞こえてきます。
今までテレビでしか見たことがなかったので、本物だ♪ という感じw。

縁起熊手の屋台

せっかくだから縁起熊手を買うべきかしら? なんて思いましたが、
頭をよぎったのは、先日聞いた「熊手は毎年大きくしていくもの」という話。
ちょっと無理して奮発なんてしちゃったら、来年から大変そうです…!

そんなとき、耳に飛び込んできた屋台のおじさんとお客さんの会話。

「予算はいくらくらい?」
「1万円かな」
「じゃあ、この小さいやつだね」

とおじさんが指したのは、ファッション雑誌くらいの大きさの縁起熊手でした。
あれより小さなのはなさそうだし、今年はあきらめるかな…。

すると、お参りを済ませると、
傍らに「開運熊手守」なるものがあるじゃありませんか。
屋台で売っている縁起熊手のように飾りはついていませんが、
熊手には違いない。
しかも神社さんからいただけるなら、ご利益もあるでしょう。

開運熊手守

ということで、早速いただきました。
大きさは、大・中・小とあり、私は小をお願いしました。
これで、3年目までは確実に大きくしていける見込みが立ちました♪
(来年は中、再来年は大をいただこう、ってね♪)
…って、お守りの場合は大きくしていく必要はないのかしら??

ありがたく、事務所にまつらせていただくことにしましょう。
神棚がなくても、少し高いところに飾るのがよいのですね。ふむふむ。
正面を北以外の方向に向けた方がよい。なるほど。

…しまった! 窓もないし、方向音痴だし、どっちが北かわからない!!
うーむ。
がんばってグーグルの地図でも見て、調べたいと思いますw。

ちなみに、今年は二の酉まで。
酉の市は、もう1度あります。
次回は19日。
ほかの酉の市にも行ってみようかしら♪

せっかくなので、皆さまも行かれてみてはいかがですか。
場所によっても違うみたいですが、基本的に酉の市は朝から夜までやってるそうです。
お仕事が終わるのがちょっと遅くても、まだやっているところも多いですよ☆

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wisteriastorehouse.blog129.fc2.com/tb.php/85-9f29bc14
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。