FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

我妻 淳さんの個展に行ってきました

 2010-10-06
先日ブログでもお伝えしましたが、
磁器作家・我妻 淳さんの個展が、現在開催中です。
というわけで、私も行ってまいりました。

場所は、南宇都宮。
東武宇都宮線で、東武宇都宮駅の1つ手前の駅です。

会場は、「ギャラリー悠日」。
駅から、歩いてすぐのところにあります。
こちらで我妻さんが個展を開催するのは、3度目になるそうです。

会場に伺うと、我妻さんご本人がいらしたので、
いろいろとお話を伺うことができました。
写真も少し撮らせていただいたので、ご紹介したいと思います。

青白磁と白磁の作品

我妻さんは、青白磁と白磁の作品をつくっていらっしゃいます。
手前の作品を、もう少し詳しく見てみましょう。


輪花の鉢

こちらは、今回、我妻さんのイチオシの作品。
青白磁の、輪花の鉢です。

輪花とは、花びらのような形に成形した皿や鉢などのことで、
北宋(中国の王朝のひとつ)の時代(11~12世紀頃)からあったデザインです。
美術館などに行くと、所蔵品として、
北宋時代の青磁や白磁の輪花鉢が、よくあります。

少しデザインとして発展させたものも含め、
個展で展示されている作品には、輪花の器がたくさんありました。
我妻さんご自身も、気に入ってつくってらっしゃるとのことです。

当店で取り扱わせていただいてる作品は四角い器が多いので、
今度、輪花のシリーズも入荷したいと思います。(…と、勝手に宣言!)


作品たちと灯り

我妻さんの青白磁の器は、とてもきれいな青色をしているのですが、
展示する際には、いかにきれいな青色に見せるかということが
ポイントとなってくるそうです。
当てる光によって、青色が少し緑がかって見えてしまったりもするので、
照明の明度や色温度にこだわったり、いろいろ工夫なさっているようです。

実際、作品の写真を撮るときにも、我妻さんの作品の青を
きれいな青色として表現することは、けっこう難しかったりします。
私も、もう少し勉強と工夫をして、もっと良い写真を撮って
随時変えていきたいと思います。


我妻さんの作品たち

我妻さんの作品たち2

会場は、以前、実際に使われていた、大谷石造の蔵を再利用したギャラリー。
ゆったりとした空間の中で、我妻さんの作品たちが展示されています。
(ギャラリーについては、また後日、改めてご紹介しますね。)

当店で取り扱わせていただいている器も、当店にはない器も、
いろいろ展示されています。
白磁の作品も、ステキなものが多いんですよ。


コーヒー

こちらは、ギャラリーの方にごちそうになったコーヒー。(←ありがとうございます。)
我妻さん作のカップに入れてくださいました♪

我妻さんの個展は、今月の11日(月・祝)まで開催中です。
タイミングがよければ、我妻さんご本人も在廊されています。

ギャラリーの隣のカフェでは、我妻さんの器でランチを食べることもできますよ。
(「ワンプレートランチ」というメニューが、我妻さんの器で提供されます。)

ぜひ、足をお運びくださいませ。

ちなみに、当店で取り扱わせていただいている我妻さんの器は こちら

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wisteriastorehouse.blog129.fc2.com/tb.php/73-a9c8d953
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。