スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

雑貨屋こぼれ話 〜 青色申告体験記 その2

 2011-03-25
前回(青色申告体験記 その1)は、青色申告の準備について書きました。
今回からは、日常のあれこれについて書こうと思います。

確定申告は、対象になる年の1月から12月、つまり1年分について申告します。
1年って、けっこう長いです。
日頃のいろいろな作業で精一杯で、帳簿とかは あとでまとめてやろう…
なんて思っていると、けっこう大変なことになります。
毎日少しずつでも、やっておいた方がよいと思います。
(→ 思いっきり、自分へ言い聞かせております。はい。)

じゃあ、具体的に何をやったらいいか、ということを
今回の確定申告の体験や反省を踏まえて考えてみました。

まず、帳簿をつけたりする作業とは別に、やっておいた方がよいと思ったことから。
(たぶん、白色でも青色でも、確定申告をするなら、
 いずれもやっておいた方がよいと思います。)

経費を計上する上で、絶対不可欠なのが領収書(レシート)。

なので、

・何かを購入するたびに領収書をもらっておく。
・もし、領収書をもらい忘れても、レシートを保管しておく。

少額だったら、レシートでも問題ないみたいです。ちょっと文房具を買っただけとか。
高額(目安は1万円程度だそう)の場合は、できるだけ領収書の方がよいらしいです。

個人用とは別に、仕事用の携帯電話を使っている場合、
毎月の領収書をきちんとダウンロードして、印刷しておいた方がよいです。
最近は、ペーパーレスになっていることが多いと思うので、お忘れなく。

それから、取引先などに銀行振込で支払いをした場合、
ATMで「ご利用明細票」っていうのが出てきますよね。
実は、あれは領収書として使えるものらしいです。
なので、領収書の一種として、やはり保管しておいた方がよいです。

そのほかに、やっておいた方がよいなと思ったことがいくつか。

・まめに銀行に行って、通帳記入をしておく。

ほとんどの銀行が、一定の件数、期間を超えると、まとめての記帳になるみたいです。
個別の取引が記帳されていないと、ちょっと不便だったりするので、
そうなる前に記帳しておいた方がよいです。

・いろいろメモを取っておく。

いつ、どこに行ったか、何を買ったか、など日頃からメモを取っておくと便利です。
手帳やメモ帳に書いておいたり、業務日誌みたいなのをつけておいてもいいかな と。
ちなみに、私は、簡単な業務日誌をつくりました。

とりあえず、そのくらいかなぁ…。

というわけで、また、次回に続きます。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://wisteriastorehouse.blog129.fc2.com/tb.php/132-8a905352
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。